km09_01.jpg

Consalting,Marketing,System development
現場力が向上するコンサルティング、現場重視のマーケティングとシステム開発
株式会社感動マーケティング
075-276-0034
〒607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町56-803

hp.png

| HOME | セミナー | 理念共感型ホームページ作り |

経営理念共感型ホームページの作り方セミナー

経営理念に共感した方からの採用応募や仕事の受注が発生するホームページづくりについて
~「良い人材」も「良い取引先」も出会いが無ければスタートしません。今の時代、出会いの第一歩はインターネットです。~

■ はじめに

全世界で一日に10億回検索されているそうです。かつては、企業側が消費者やお客様、求職者を捜す時代でしたが、今は消費者やお客様、求職者が「検索」して、やって来てくれる時代です。

検索が産み出す巨大経済圏が伸びています。人々は検索をし、欲しいモノや情報を見つけます。私たちの行動は80%が検索から始まっていると言われています。また「検索する私たち」と「検索される私たち」がいることを忘れてはいけません。

このような巨大な影響力をもつに至った検索とどう向き合い、付き合っていくか?

店舗の看板をリニューアルしても店舗の前の交通量は変わりませんが、HPを正しくリニューアル(コンテンツの充実とSEO対策)すると交通量(アクセス数)が激増します。

その激増したアクセス数の中に「良い人材」や「良い取引先」が含まれるのです。

■ 「良い人材」や「良い取引先」に共感していただくためのポイント

どんな企業にも経営理念があります。その経営理念に惹かれて入社して来た人なのか?それとも企業ブランドや給与、待遇に惹かれて入社した人なのか?

職場でその人とチームを組むに当たって、チームの価値観とずれているとどうしても「良い関係」は構築できません。

取引先についても同様です。安い仕入れ先を探している企業との出会いは、その後もその関係のままになりがちです。逆に、コストよりも自社の理念と考え方が近い仕入れ先や外注先というグッドパートナーを探している企業との出会いは、その後もその関係が大切にされます。

誰と出会いたいのか? 

「人材」や「取引先」のいずれとの出会いにしても、その出会いの接点がとても重要なのです。

アクセス解析というホームページ内のどのページがよく見られたか?を調べるソフトでアクセスの内容を解析すると商品やサービスのページも良く見られますが、次の4つのページがよく見られます。①経営理念②社長の声③スタッフ紹介④採用のページ(求める人材像)。BtoBのサイトで月に何万人も応募者が見に来ているとは考えにくいので、多くの企業関係者の感心が高いのが上記の4ページと言えます。すなわち、その商品やサービスを産み出す企業の考え方(理念や社長の声)やそれを産み出す人(スタッフ紹介や求める人材)に注目していると言えます。

ですから、これらのページを充実させると「良い出会い」が増えていくのです。

■ 見た目の印象も大切

求職者も新しい取引先も最初に出会うのは社屋や社長ではなく、ホームページです。ですから、ホームページから受ける第一印象はとても大切です。

ホームページの印象が悪いと商品、サービスがイマイチだけでなく、働いている人達もイマイチが集まっている感じがします。

名の知れている大手企業ならまだしも、中小企業なら、ホームページが採用も取引も全て決めてしまうと言い切っても良いでしょう。

もし、誰が見てもイマイチなホームページから求人や取引の申込があったら、それは喜ばしい事でしょうか?センスを疑いませんか?こんなところしかエントリーができない、こんなところしか取引してくれない・・・と第三者が思ってしまうかも知れません。

その位、ホームページは第一印象が重要なのです。

■ 「経営理念共感型ホームページづくり」セミナーの研修項目
以下の11の切り口から、講師のアドバイスで制作したサイトの事例を見ながら学習していきます。
・共感の得方
・誰に訪問して貰いたいか?(メインターゲットとサブターゲットは誰か?)
・リピータと新規訪問のどちらを重視するか?
・何の目的で訪問して貰いたいか?(情報収集、商品購入、問い合わせ、資料請求など)
・どうやってサイトに辿り着いて貰いたいか?
・訪問者に何を伝えたいか?
・どこを他社と比較して貰いたいか?
・差別化しやすいポイントは何か?
・既存客へのおもてなし(リピータ対応)はどうするか?
・問い合わせ、成約に繋げる(コンバージョン)を意識したプロセス改善
・アクセス解析の見方

■「経営理念共感型ホームページづくり」セミナーの流れ

2回に分けて行います。1回目はホームページを事前に診断させていただき、改善点を報告いたします。2回目は1回目で抽出した自社での改善点を実施した結果、どうだったか?を報告していただき、講師がアドバイスを行います。

(1)第1日目(330分)
・ 「経営理念共感型ホームページづくり」講義(120分)
・ ホームページ改善点の確認(30分×6=180分)
・ 意見交換と質疑応答、課題の説明(30分)

(2)第2日目(210分)2ヶ月ブランク
・事前課題(ホームページ改善取り組み結果)の発表(90分)
・講師の所感(90分)
・ 意見交換と質疑応答、課題の説明(30分)

■ 「経営理念共感型ホームページづくり」セミナー参加によって得られる物

ホームページの診断による問題点の発見と改善点を講師から閲覧者視点でアドバイスを受けることができます。そのアドバイスに従って、修正を加えた後に起こったアクセス内容の変化や問い合わせ、引き合い件数の増減などの報告を受け、より良くすることを共に考えることで更なる工夫・改善点が見えてきます。

講座やフォローアップについて、内容や費用への問い合わせ等ございましたら、メールにてお問い合わせ下さい。
企業様へ出張しての講座や複数の企業様の合同講座という形でも受け付けております。
交通費を実費ご負担して戴けましたら、何処でも伺います。
お気軽にお問い合わせ下さい。

order2.png






以上